要件は以下の通りです。
・苦情解決を円滑・円満に図ることができる者であること
・大学教授、弁護士(ただし、顧問弁護士除く)等であること
・世間から信頼性を有する者であること
 (評議員、監事又は監査役、社会福祉士、民生委員、児童委員等)