企業主導型保育事業ポータル

お問い合わせ

  • HOME »
  • お問い合わせ

よくあるご質問(FAQ)

お客さまから最近寄せられたご質問を掲載しております。
お問い合わせの前にご確認ください。

審査について

自治体へ認可外保育施設設置届を届け出た後に申請願います。

現在の定員-企業主導型保育施設となる以前の定員で割り出された数に、加重平均を適用しての算出となります。
なお、増加した定員部分は日ごとに確認を行っています。そのため実開所日が算出結果に影響します

土日閉園が恒常化している場合は週7日未満開所、週6日未満開所への見直しをお願いすることがございます。

休憩時間中においても職員配置基準に基づく配置+1(最低2名配置)が必要です。児童1名の場合においても同様です。

養成校新卒者に限っては養成校の卒業証明書があれば、保育士として勤務いただいて構いませんが、月次報告時に、卒業証明書の添付が必要となります。

今回のケースにおいては
同設置法人・同一建物内の社会福祉施設の調理場に保育施設としての調理員を配置していれば、自園調理として取り扱っています。
社会福祉施設としての調理員のみの場合は外部搬入となります。
この場合、同設置法人ではありますが、責任の所在や提供内容などについて覚書の作成が必要です。

原本を確認の上、施設においてはコピーを取り、保管してください。

原則、原本をご提出頂きます。

当月の受入れた園児に対する必要保育従事者数が満たしていないか、保育士比率が50%未満の可能性ありますので、ご確認ください。

旧給与規定記載内容と比べて新給与規程については確実に給与が上がっている、ということが明確にわかる必要があります。

対象となります。運営費完了報告時にはレンタル品目、レンタル期間、金額がわかる請求書及び振込が確認できる資料、または領収証を必ず提出ください。

保護者に負担を求めることは可能ですが、必ず書面上に明確に理由と金額を示したうえで同意を求めてください。

電子申請画面の「企業情報変更申請」より変更願います。

メールまたはお電話にてご連絡いただいた後、画面にて変更可能となります。ご一報ください。

運営費の助成申込時、または事業変更申請時に入力ください。お急ぎの場合は個別の対応となりますので当協会宛ご一報ください。

Load More

監査について

毎日同一の方が実施するのではなく、2人以上のローテーションで実施ください。そのうえで、「味、硬さ、量、栄養バランス、配膳状況」等について検食簿に記入し、児童の成長、日々の献立作成に役立てていただきたいと思います。

原材料50g、調理済食品50gを毎食ごと、2週間分の冷凍が必要となります。

各年齢ごとの年間計画、月間計画、週計画、日計画が必要であるとともに、0,1,2歳児については月間については併せて個別計画も必要です。
週計画、日計画はまとめて「週日案」として作成いただいても構いません。

要件は以下の通りです。
・苦情解決を円滑・円満に図ることができる者であること
・大学教授、弁護士(ただし、顧問弁護士除く)等であること
・世間から信頼性を有する者であること
 (評議員、監事又は監査役、社会福祉士、民生委員、児童委員等)

開所時間の前後の時間において、さらに30分以上の延長保育を 実施した場合に実施時間に応じて加算がつきます。

設置会社法人役員(使用人兼務役員)については、園長としての勤務実態を正確に査定して給与として支給することは出来ますが、役員報酬は支給対象外となります。

嘱託医の受診の場合は「施設での負担」、かかりつけ医での受診の場合は「保護者負担」となります。

民間企業同様に就労証明書の提示をしてください。

契約先が厚生年金適用事業所であることを確認してください。
確認書類としては、子ども・子育て拠出金の支払い実績が確認できる書類となります。

条件は以下の通りです。
・調理員としての兼務辞令を交付
・必ず検便を行わせる
・調理員となった保育従事者は、調理に要する時間と保育に従事する時間を明確に分け、重複して保育従事者としてカウントしないこと。
・休憩時間を含めて必要保育従事者数を下回ることがないよう留意すること。

Load More

PAGETOP
Copyright © 公益財団法人 児童育成協会 All Rights Reserved.